HOME > 病院案内 > 放射線科

放射線科

当科の概要

放射線科はX線撮影装置やCT、MRIなどの画像診断機器を用いて画像情報を提供する部門です。患者様の診療に貢献できるよう、日々研鑽し、安全に診断価値の高い画像情報の提供に努めております。

当放射線科で行われる検査は次の通りです。

一般撮影検査:X線を使って胸部や腹部、骨等を撮影する検査です。

X線透視検査:X線を使ってリアルタイムに胃や大腸などを観察したり、骨折の整復を行う
検査です。健康診断で行う、バリウムによる胃の検査もこれにあたります。

骨塩定量検査:骨量の減少や骨粗鬆症をはじめとする代謝性骨疾患の診断や、治療の効果判定を目的に行う検査です。

乳房撮影検査:X線を使った乳房の検査です。視診や触診では分からない小さなしこりや乳腺の乱れ、微細な石灰化の描出ができ、早期の乳がんを発見するために有用な検査です。

CT検査:X線を用いて頭部、体幹部、四肢の断層画像を得る検査です。必要に応じてコン
ピュータ処理をし、様々な方向から見た画像や三次元立体画像(3D)を作成する
ことができます。

MRI検査:強い磁力と電波を用い、あらゆる部位の任意の断層像を撮像する検査です。
また、造影剤を使わずに血管の描出が可能です。

診療方針

1. 飯山赤十字病院の理念に従い、診療放射線業務の遂行に努めます。
2. 放射線技術の研鑽に励み成果を地域医療に還元します。
3. 医療事故を防止し、放射線の安全管理に努めます。
4. 患者さんのために「思いやり」の心でチーム医療の責任を果たします。

診療科・部門案内

  • ボランティア活動報告
  • 人間ドック・健康診断
  • 病院報 雪椿かわら版
  • フェイスブック公式ページ
  • 臨床研究情報公開
  • 飯山市医師奨学金